« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

Happy My Birthday !! Part.2

私の誕生日に行ったIL GHIOTTONEのコース料理紹介、後半です。

前半は、和食テイストな感じが続いたお料理ですが、後半は全く違ったものを出してくれます。

6pasta

⑥伊勢海老とほうれん草のパスタ

イタリアンの定番、パスタです。トマト風味のパスタで、しっかりしたアルデンテ。少し塩味が効いていました。伊勢海老がプリプリしていて、美味しかったです。

                               

71shiro

これ、何かわかりますか?実は、白トリュフなんです!本当にびっくりするぐらい大きくて、握りこぶし程の大きさでした。ガラスの蓋で閉じてあっても、独特の香りが立ち込めていました。これが運ばれてきたと言うことは、次は、追加でお願いしたトリュフ料理です。

                           

実はこのトリュフ料理、お願いする時点で黒トリュフか白トリュフかを選ぶことができました。今まで黒トリュフは何度か食べたことがありましたが、白トリュフは見たこともなかったので思い切ってお願いしてみました。

72shiro

⑦白トリュフのリゾット

チーズリゾットのお皿が運ばれてくると、私たちの目の前でトリュフをサーブしてくれました。トリュフを削るごとに、香りが漂い、また、温かいリゾットの熱で更に香りが立ち上る。黒トリュフとは全く違う香りに、とても驚きました!驚くほど削っていただき、本当に感激です。こんな貴重な経験は、なかなかあるものではないので、お願いして良かった!

               

8foagura

⑧メインの前の一皿 りんごのシャーベットとフォアグラのタルト

パリパリのタルト生地にりんごのソテーしたものとクリーム、その上にソテーしたフォアグラが乗っています。フォアグラはとても柔らかく、ジューシーだったのでフレッシュな物だと思います。フォアグラの苦味というか独特の食感と甘いりんごが、とてもよく合っていました。りんごのソルベは、お口の中を爽やかにしてくれました。

                 

9koushi

⑨メイン料理 仔牛のパン粉包み焼きとエリンギのソテー

驚くほど柔らかいお肉でした。バルサミコ酢が効いたソースだったので、比較的さっぱりいただけました。ただ、さすがにここまでくるとお腹がパンパン。シャキシャキしたエリンギ、最後まで食べ切れませんでした。すみません。

101desert ⑩デザートの前のデザート

と言って、運ばれてきたのはレモンのシャーベットと白ワインのゼリー。『デザートの前にお口をさっぱりしていただきたいので』とのことでした。本当に、すっきしたものでした。

                                      

この後、デザートを選ぶことができ私たちは、それぞれ別のものをお願いしました。しかし、運ばれてきたものは・・・

       

102cake こんなに可愛らしいバースデイケーキ!

『本日、お誕生日と伺ってパテシエが頑張りました。おめでとうございます』

嬉しい~!

ろうそくを吹き消した後、ケーキをカットしてもらうことになったのですが、二人では少々大きすぎたのでこのまま持ち帰ることにさせていただきました。そして、デザートは予定通り、コースで選んだものをいただきました。

103 ⑪デザート エスプレッソのパンナコッタとピスタチオのアイス

ほろ苦くて甘くなかったので、いつもデザートは残してしまう主人もペロリと食べてしまいました。

               

104

⑪デザート ティラミス ミルクと木苺のアイス

バースデイケーキを用意してくださったプレートに、盛り付けてくださいました。こちらも、甘すぎなくてとっても美味しかったです。

こちらで過ごした3時間は、とても優雅で楽しくて、幸せな時間でした。美味しいものを大切な人と一緒に楽しめる、本当に素晴らしいことですね。

Name_1 こちらは、本当にお勧めできるお店です。お店の方に伺ったところ、東京の方々は京都の方々に比べると食べる量が少ないそうです。なので、京都で用意している量よりは少なくしているんだそう。

チャンスがあれば、京都のお店にも行ってみたな~。そのときは、私が主人を誘うことにしましょう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

Happy My Birthday !!

12月27日は私の誕生日! 毎年、この日には主人が食事に連れて行ってくれます。

今年は東京・丸の内にあるIL GHIOTTONEに行きました。実はここ、10月に京都に行った際にお邪魔したかったのですが予約が取れず残念がっていたのを主人が覚えていてくれて、予約をしてくれたんです!うーん、感謝 !!

私たちがお店に着いたのは18時過ぎ。まだ、店内にはお客さんは居なくてとても静かな雰囲気。

白を基調にした清潔感あふれる店内。厨房には小さな窓がついていて、ダイニングの様子がわかるようになっています。それほど広くない店内ですが、天井が高いぶん狭さも感じません。

席に着くと、飲み物のリクエストと予約しておいたコースの説明がありました。追加でトリュフ料理がチョイスできるとのことで、お願いしちゃいました。

では、早速お料理の始まり始まり~

①白子の茶碗蒸し仕立て えんどう豆のソース 黒トリュフ添え

とっても香ばしい香りでした。軽くソテーした白子が乗っていて、イタリアンと言うより和食な感じ。どんなお料理がこれから運ばれてくるのか、全く想像できずワクワク感が一気に高まった一品です。

2nagaimo_1

②長いものスフレ 蒸しあわび添え あわびの肝に青海苔を加えたソース

まるでメレンゲのようにふわふわしています。でも、確かに長いも。そして、あわびは柔らかく青海苔が磯の香りを感じさせます。

                                                                      

3hirame_1

③平目のカルパッチョ柚子風味 春菊のソースと京かぶらを添えて

運ばれていた途端、柚子の爽やかな香りが漂っています。見た目も春らしい爽やかさです。平目とシャキシャキの京かぶらと一緒に口に運ぶと、何とも言えない食感。春菊のソースは独特の苦味は、ありませんでした。

4karihurawa_1

④カリフラワーのパンナコッタ ほうれん草のソース 三色カリフラワーを添えて

カリフラワーって、白しか知りませんでした!白の他に黄色と紫まであるんですね!味は…大きな違いは無いみたいですが。でも、パンナコッタというだけあって、とってもクリーミー。上の雲丹と一緒に食べると、濃厚さが更に増しながらも、雲丹の塩気感が良い感じに効いていました。実は、雲丹が苦手だったのですが、こちらは美味しくいただけました!

5uzura_1

⑤うずらの揚げ団子 水菜のスープに京七味でアクセント

外はカリカリ、中はもっちりしたジャガイモの中に、うずらのお肉が閉じ込められた一品。上に乗った可愛らしい目玉焼きはうずらの卵。アクセントに使われた京七味は、山椒の香りが強めだったのできっと京都・七味屋の物だと思います。

ここまで5皿、コース前半の紹介が終わりました。お料理は、まだまだ続きます。

前半は、野菜が色々な形で加えられ、和食テイストな感じでした。どちらかと言えば、さっぱりした感じかな。

紹介の中では触れませんでしたが、お料理だけではなく器が素晴らしく、本当に目にも鮮やかでした!

それでは、後半もお付き合いくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »